関節リウマチ

左右対称(両方の関節)にあらわれることが多い。ただし初期は、片方であったり、部分的であったりもし、足が腫れることもあります。利き手やよく使う関節では、病変が進みやすい傾向にあるようです。



指のはれと朝のこわばりは要チェック
初期には、だるさや食欲がないなど漠然とした症状があらわれることがあります。そのうち、指がはれたり、体がこわばったりといった症状が出てきます。 この「はれ」と「こわばり」には注意が必要です。手の指は初期症状として出やすい部位です。ある程度進むと、関節のはれは片方だけではなく、両方の手にあらわれます。こわばりについては特に朝起き上がる時に症状がでやすいです。慢性化した炎症によってむくむとされています。ひどい人は1時間以上こわばりが続きます。 上記の症状に心当たりのある方は、早期受診をお勧めします。

かぜと間違えないで
関節リウマチの初期症状として、発熱することがあり、かぜと間違えることがあります。しかし悪寒を伴う発熱ではなく、全身の節々が痛み、体を動かすのが不自由になるという特徴を持ちます。 関節の痛みは、初期にはじっとしていると痛まないこともあります。動かそうとすると痛みを伴います。特に蛇口をひねるなどねじれの動きの際に痛みを伴ってきます。圧迫すると痛む、圧痛が生じるのも特徴です。

関節リウマチとはどんな病気?

関節リウマチの特徴
リウマチが起こる原因、データ
関節の構造・仕組み
滑膜の炎症について
関節の変形
その他の症状
関節リウマチの診断と検査
関節リウマチの治療
リハビリテーション療法