リウマチが起こる原因

関節リウマチが起こる原因は正確にはまだ確定的なものはありません。しかし、現在も様々な研究が進められており、その解明が待たれています。



免疫システムが働き、関節内の滑膜に炎症が
現在わかっていることの一つに免疫との関連があります。関節リウマチとは、主に関節周囲にある滑膜に炎症がおこる病気で、痛みやはれが生じます。関節リウマチの炎症は免疫システムが自分自身の成分(抗原)を攻撃することによって引き起こされるとされていますが、その抗原は未だ同定されていません。



男女ともに30代から50代の年代が最も多く発病しています。女性の方が圧倒的にかかりやすく、男性1に対し女性5~6の割合です。
日本の患者数は約60万人といわれていますが、実際には100万人を超えているという見解もあり、特に高齢社会の中で増える傾向にあるようです。世界的に見ると、100人に1人くらいの有病率と考えられています。

さらに詳しい原因はコチラをご覧ください。