痛風



痛風の症状
「チクチクする。熱っぽい。圧迫感」などの前兆(足の親指に出ることが多い)を自覚後、数時間以内に赤くはれ、熱をもち、激痛が生じる」「痛みが激しく、靴もはけない」といった発作を起こします。 痛みは治療をしなくても数日でやわらぎ、1週間程度で治まります。再発することがありますが、何年も経って再発する人もいます。

痛風の原因
血中の尿酸が上昇することにより、組織に尿酸結晶が蓄積し、反応性に炎症が引き起こされます。また、腎機能障害などを引き起こすこともあります。痛風を招く状態は、生活習慣病と共通するところも多いので、糖尿病や肝障害などにも注意が必要です。

痛風の治療
非ステロイド性抗炎症薬が効果的で、初期症状のタイミングで使用すれば発作症状を緩和することが可能です。

痛風の予防
①水分を多く取る
…尿酸は、尿中に排泄されるため尿量を増やして、尿酸を体外へ排泄するよう心掛けるまた、体の水分が減ると発作が起こりやすいため、暑い季節は特に水分をとる習慣を。
②適度な運動
③お酒や過食を控える
④ストレスを避ける